彼氏が大好きな人の「のろけ体験シェアサイト」

彼氏が大好きな人の「のろけ体験シェアサイト」│かわいい彼氏が大好き!

寂しがり屋の彼氏と上手に付き合うコツやエピソード

10 件の投稿がこのテーマに寄せられています。

普段クールな彼氏の意外な一面

寂しがり屋な彼氏を持つと、自分を求められているようで嬉しい時もありますが、逆にその寂しがり屋の性格への対処が面倒になることもあります。

寂しがり屋な性格の彼氏への対処には、どの女性も複雑な思いを持っているのかもしれません…

そんな寂しがり屋な彼氏を持った場合の、上手に付き合うコツや体験談・エピソードをご紹介しています。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています
no image
面倒だけどかわいい彼氏

わたしの彼氏は、ミュージシャンです。 そのため、地方遠征仕事なども多く、ツアー期間中はほとんど会えません。 すると、ずっと「会いたい〜〜」だとか「さみしい」だとか、LINEが送られてきます。 帰って来るときは、車中から「何時に着くよ」などと...

no image
平日は電話を必ず、休日はデート

30を目前に5個下の彼氏と付き合いました。20代後半の私と20代前半の彼、20代の五個さで女が上というのは、かなり精神年齢も違ってくるので、彼がいつも心配していました。それプラスさみしがり屋で、一人でいたくない、一緒にいたいとよくいってきま...

no image
意外なギャップ年上寂しがり彼氏

私が彼と出会ったのは現在も働いている職場です。 新入社員として配属された職場で 彼が教育指導係として私について くれたのが付き合うきっかけでした。 出会った当初の彼の印象は 先輩にも後輩にも好かれて、 仕事もバリバリ要領よくできる 『器用で...

no image
寂しがり屋な年下の彼!

今までは頼りがいがある年上の彼と付き合うことが多かったです。 ですが初めて年下の彼と付き合うようになりました。 初めはどちらかというと、私の方が積極的に話を切り出すことが多くありました。 それかれというもの、自然と話が盛り上がり、二人で話す...

no image
私の可愛い年下の彼氏

私には以前お付き合いをしていた年下の彼氏がいました。 その彼氏はとても寂しがり屋で、甘えん坊な彼氏でした。 私より3歳年下な彼は、いつもデートをする時に甘えてきます。 周りの人目を気にせずくっついてきたり、とにかくスキンシップが多いです。 ...

no image
正反対の性格だったけど、気の合う彼氏と私

私と彼氏が出会ったのは、大学のフィールドワーク。 あっという間に仲良くなり、出会ってから3ヶ月経った頃に向こうから告白され、付き合い出しました。 よく彼氏ができると四六時中べったりで、口を開けばノロケばかりという女性がいますが、私はまったく...

no image
普段は頼りがいがあって男らしい彼氏

付き合う前は、頼りがいがあって男らしい彼に惹かれました。 彼は同じ歳でしたが、私のことをいつも心配してくれて、付き合っていてもお兄ちゃんのような存在でした。 でも、そんな彼が実は寂しがり屋だったということは、付き合って少し経ってから知りまし...

no image
彼女を束縛するなんて考えたこともないと言った彼が、普通に束縛してきて笑えた。

付き合っていた彼の家が電車を使っても1時間以上かかるほど遠く、別の学校に通っていたこともあり簡単に会うことができなかったので週末のどちらかで会うようにしていました。ですがテストやバイトなどで週末に会えないことが続くと彼からのメールの量が次第...

no image
ペットだったかな?と間違えるときがあります。

20代の頃の話です。5歳年下の彼とお付き合いをさせていただいたことがあります。 そのころ私は派遣社員で。彼はその会社の社員でした!かなり優秀で期待されていた彼になんとなくひかれ、男らしさに惚れてお付き合いをするようになりました。 付き合って...

スポンサーリンク

普段クールな彼氏の意外な一面

10代 大学生さんのエピソード

普段はどちらかというとクールな彼。

高校生の時は同じ高校に通っていたのですが、その時も周りの同級生の男子達からは一目置かれる存在で、「○○さん」と下の名前にさん付けで呼ばれていたほど。
その頃はクラスは違えども毎日同じ学校で顔を合わせ、授業が終わると学校の昇降口で待ち合わせして放課後は二人で過ごすのが日課でした。

ですが、大学は生憎お互いに別々の学校に進学することになり、毎日あの頃のように顔を合わせるということはなくなってしまったんです。
私は女子大ですが彼は共学の大学で、正直いって私の方が毎日ヤキモキ状態の日々。

他の女の子に心が惹かれちゃってるんじゃないかしら?
私の存在なんて、どうでもよくなっちゃうんじゃないか?
それでも週末の休みには必ず時間をつくって会ってくれてた彼。

そんなある週末、どうしても学校の課題が終わらなくて彼との約束の週末に会うことができなくなってしまったんです。
「ごめんね。課題がどうしても終わらなくて、夕方過ぎまで学校で作業しなくちゃいけないの。」という私に「そっかあ、会えなくて寂しいけどまた来週末なっ。」と彼。

その週末は朝から夕方まで学校に缶詰で、ひたすら作業をしてクタクタになりながら電車に乗って帰宅へと向かったんです。
家の最寄り駅の改札を出ようとした時、あれ?なんだか見覚えあるジャケットを着た人が・・・・。

そうなんです。そこには彼の姿が・・・。
「あれ?どうしたの?偶然?」と聞く私に「やっぱり来週まで待ってられなくて。会いたくなって来ちゃったよ。」と照れ笑いの彼。

聞けば私が電話で夕方過ぎまで学校にいると言ってたので、夕方過ぎにここに来れば会えるかもと思って3時間も前から待っていたんだそうな。
普段はクールでイマイチ感情がよく分からない彼なのですが、実は寂しがり屋で心配性なんだと分かって、新たな彼の可愛さを知った私です。

このエピソードにコメントを贈る

平日は電話を必ず、休日はデート

20代 会社員さんのエピソード

30を目前に5個下の彼氏と付き合いました。20代後半の私と20代前半の彼、20代の五個さで女が上というのは、かなり精神年齢も違ってくるので、彼がいつも心配していました。それプラスさみしがり屋で、一人でいたくない、一緒にいたいとよくいってきました。

平日にちょっと会うような距離に住んでいなかったので、電話は必ずかけてきますし、メールもちょくちょくしてきて、寂しいアピールをしてきていました。

もともと、わたしは、さっぱりしたつきあい方しかしたことないタイプでした。初めは、チワワみたいでそれが可愛くて、私もにやにやしていました。電話で「なにしてたの?寂しいよ~」何て言われると、また私のことを必要としてたのかぁ~なんておもったりしていたのですが、だんだん鬱陶しくなるのがわかりますか?(笑)

電話やメールをしてくるからといって、別に私を縛り付けようとか監視しようという感じではなかったのが救いですが、一人の時間が持てないのと、彼にも頼りなさを感じて、耐えきれなくなり別れてしまいました。

私にはさみしがり屋の彼氏は重たすぎたとわかったので、それからは、さっぱりしたお付き合いができる彼としか付き合っていません。

スポンサーリンク

このエピソードにコメントを贈る

面倒だけどかわいい彼氏

面倒だけどかわいい彼氏

20代 会社員さんのエピソード

わたしの彼氏は、ミュージシャンです。
そのため、地方遠征仕事なども多く、ツアー期間中はほとんど会えません。

すると、ずっと「会いたい〜〜」だとか「さみしい」だとか、LINEが送られてきます。
帰って来るときは、車中から「何時に着くよ」などという連絡が来ます。その時間に迎えに行ってあげたり、家で待っててあげないと拗ねるのです。

正直、面倒くさいなと思うことも多いです。

会えない間に他に男作ってるんじゃないかと、それとなく詮索されます。
他のバンドのライブや打ち上げに参加する私を、あまり良くは思っていないようです。

でも、私と彼が出会えて、こうして付き合っているのは、ライブに行ったからでした。

今はあまり文句を言わなくなりましたが、心中穏やかではないことは、伝わってくるものです。

彼はただの寂しがり屋なのです。
だから、暇なときは思う存分構ってあげることにしてます。

ものすごく単純なので、構ってあげれば嬉しそうにします。放っておくと、つまらなそうにします。
まさにうさぎです。

拗ねてる彼がかわいくて、ついつい意地悪をしてしまうのは、彼には秘密です。
なんだかんだいって、わたしは寂しがり屋な彼が好きなのかもしれません。

このエピソードにコメントを贈る

ペットだったかな?と間違えるときがあります。

20代 会社員さんのエピソード

20代の頃の話です。5歳年下の彼とお付き合いをさせていただいたことがあります。
そのころ私は派遣社員で。彼はその会社の社員でした!かなり優秀で期待されていた彼になんとなくひかれ、男らしさに惚れてお付き合いをするようになりました。
付き合って数ヶ月、双方独り暮らしでしたのでなんとなく、半同棲を始めるようになり、とにかく毎日一緒にいたい!一人が嫌だ!と言うようになりました。自宅では別の部屋に行くだけで私のことを探してくれて、あれ?ペットだったかな?とたまに錯覚をおこすほどの寂しがりや&甘えた彼氏でした。
同年代であればイライラと感じたのかもしれませんが、5歳年下でしたので、正直かわいくて仕方ありませんでしたし、私も大事にされている感を味わえたので嫌な気は全くしませんでした。
更には仕事では期待されているというだけあって、男らしい場面しか見ることもありませんでしたので、ギャップがありすぎで当時は惚れていく一方でしたし
私にしか見せてない姿だと思うと毎日心臓がドキドキしていました。結局5年近くお付き合いをしましたが、結婚を現実に考えたときに二人きりだからこの関係性はなりたつけど、子供ができてこの状態はむりだな!とリアルに感じてしまい別れることになりました。

スポンサーリンク

このエピソードにコメントを贈る

普段は頼りがいがあって男らしい彼氏

20代 会社員さんのエピソード

付き合う前は、頼りがいがあって男らしい彼に惹かれました。
彼は同じ歳でしたが、私のことをいつも心配してくれて、付き合っていてもお兄ちゃんのような存在でした。

でも、そんな彼が実は寂しがり屋だったということは、付き合って少し経ってから知りました。

マメに連絡をくれて、私が返事をするのが遅くなっても怒ったりはしませんが、とにかくよく連絡をくれました。
男友達と遊んだ後に彼がひとりになった時は、必ずと言っていいほど電話をかけてくるのです。
「寂しい」とは決して口には出してきませんが、そんなところがたまらなく可愛いと思ってしまいました。

毎日おやすみメールを送ってくれるので、私もおやすみメールを送るようにしていました。
お互い寝る時間が違っても、先に寝た場合は返信ができなくても、おやすみメールは欠かせなかったです。
束縛のようなことはしませんが、おやすみメールがあると安心するそうです。

友人といる時はもちろん、私とふたりっきりの時も男らしいのに、本当は寂しがり屋の彼氏。
そのギャップがたまらなく大好きでした。

デートの後は、バイバイした時に寂しそうな顔をするのです。
男らしさを見せたくて、寂しいと彼からは言えないんだろうな…と思った私は、私から「寂しい…」と言うようにしました。
すると、彼氏は優しい笑顔を見せてくれるのです。

寂しがり屋の男の人ってたまらなく可愛いなぁ…と思わせてくれる彼氏でした。

このエピソードにコメントを贈る

意外なギャップ年上寂しがり彼氏

意外なギャップ年上寂しがり彼氏

20代 会社員さんのエピソード

私が彼と出会ったのは現在も働いている職場です。

新入社員として配属された職場で
彼が教育指導係として私について
くれたのが付き合うきっかけでした。

出会った当初の彼の印象は
先輩にも後輩にも好かれて、
仕事もバリバリ要領よくできる
『器用でかっこいい先輩でした。』

器用でかっこいい先輩と
仕事で常に一緒だった私は
好意を隠せず、いつの日か私が告白した
ことで先輩と付き合う事になりました。

しかし先輩は付き合ってみると、
私が思っていた印象とは少し違う事が
わかりました。

付き合いたての頃は、
常に一緒にいられるので凄く順調な交際でした。

しかしある日、私が同期で
女の子の友達と遊びに行くことになり
先輩といられない休日がありました。

すると先輩が私に
『遊びにいくの楽しんでね』と
いってくれたのですが、
どこか雰囲気が変だったので
『寂しいの?』と聞き返しました。

すると先輩は『寂しいからはやく帰ってきてね』
と軽く甘えてきたのです。

どちらかというと男らしくて
サバサバした男性なので、
その一言に驚きました。

その一言に女々しいと感じる人も
いるかと思いますが、
私としてはそのギャップに完全に
心奪われてしまいました。

友達と出かけるだけで
寂しがってくれる彼とは
今でも順調にお付き合いを続けています。

このエピソードにコメントを贈る

寂しがり屋な年下の彼!

20代 会社員さんのエピソード

今までは頼りがいがある年上の彼と付き合うことが多かったです。

ですが初めて年下の彼と付き合うようになりました。
初めはどちらかというと、私の方が積極的に話を切り出すことが多くありました。
それかれというもの、自然と話が盛り上がり、二人で話す時間が心から楽しい時間になりました。

付き合うようになってからも、本当に彼と過ごす時間は楽しい時間でした。

ですが彼はとても寂しがり屋で、一緒に過ごしてから帰る時間が近づいてくると、寂しくてどこかそわそわしてしまいます。
そしていざ帰る時間になり、バイバイをするとすぐにメールが届きます。

彼が寂しがり屋なので、そんなに寂しがり屋でもなかった私まで影響され少しずつ寂しがり屋になりつつありました。

また普段一緒にいない時には、連絡は欠かさずにくれました。

少しでも連絡がないと何かあったのではないかと心配になるそうで、本当にマメに連絡をくれます。
また少しでも私を不安にさせないために、自分自身が何を行っているか彼はしっかりと連絡をくれます。

そんな寂しがり屋の彼がかわいくてしょうがありませんでした。

今まで年上ばかりと付き合っていたため、年下のかわいさがわかったような気がしました。

このエピソードにコメントを贈る

私の可愛い年下の彼氏

私の可愛い年下の彼氏

20代 アルバイトさんのエピソード

私には以前お付き合いをしていた年下の彼氏がいました。

その彼氏はとても寂しがり屋で、甘えん坊な彼氏でした。
私より3歳年下な彼は、いつもデートをする時に甘えてきます。

周りの人目を気にせずくっついてきたり、とにかくスキンシップが多いです。

ある日のデート中、私がトイレへ行っている時に友達から電話が来ました。

友達と5分ほど話した後に彼氏の所に戻ると、

「遅かったけどどうしたの?」ととても寂しそうな目で見てきます。

私は「ごめんね、ちょっと友達から電話がきて話してただけだよ」

と言うと、ウルウルとした瞳で

「いなくなっちゃったと思ったよ、可愛いからナンパとかされていなくならないでね」

と言われました。年下ということもあって、

そんな瞳でそんな事を言われたら胸がドキンとなってしまいました。

その後、いつもよりスキンシップが多めでとても愛されてるなあと実感しました。

彼の寂しがり屋はこれだけではありません。

同棲をしていた期間もあるのですが、私がトイレに行く時も、お風呂に行く時も、

どこにでもついてきます。

私は家事をするのに忙しく家の中を歩き回っていても

彼は子犬のように可愛く後をつけてきます。

私はそんな彼が可愛くて仕方がありませんでした。

姉御肌の私と寂しがり屋の彼との相性が釣り合ってたんだと今では懐かしく思います。

このエピソードにコメントを贈る

正反対の性格だったけど、気の合う彼氏と私

20代 大学生さんのエピソード

私と彼氏が出会ったのは、大学のフィールドワーク。
あっという間に仲良くなり、出会ってから3ヶ月経った頃に向こうから告白され、付き合い出しました。

よく彼氏ができると四六時中べったりで、口を開けばノロケばかりという女性がいますが、私はまったく逆のタイプ。

「毎日連絡するなんて面倒くさい」

「週1回、週末に会えば充分!」

…というのが、私という人間です。

ところが、彼氏はかなりの寂しがり屋。
週3回は会い、寝る前にはおやすみメールを送ってくるような男性でした。

はじめは戸惑っていた私ですが、数カ月付き合うとすっかり彼氏のペースに。

「付き合うってこういうことなんだ!」と新しい発見をした気分でした。

それまではサバサバしていて、どちらかというと人に威圧感を与えてしまうタイプの私ですが、彼氏と付き合ってから「優しくなったね」と言われるようになったのです。
自分でも知らなかった、新しい自分に出会えました。

ただ、少し困ったのは、彼氏が嫉妬深いということ。

私がサークルの先輩や友人と話しているところを見たら、あとから必ず「何を話していたの?」と聞いてくるんです。

でも、それだけ私のことを好きでいてくれるんだなぁと幸せな気持ちになりました。

このエピソードにコメントを贈る

彼女を束縛するなんて考えたこともないと言った彼が、普通に束縛してきて笑えた。

10代 高校生さんのエピソード

付き合っていた彼の家が電車を使っても1時間以上かかるほど遠く、別の学校に通っていたこともあり簡単に会うことができなかったので週末のどちらかで会うようにしていました。ですがテストやバイトなどで週末に会えないことが続くと彼からのメールの量が次第に増え始めました。
付き合い始めた当初は”今何してるよ”など彼自信のことを教えてくれるメールを送ってくれていました。でも”今、何してる?””どこにいる?”など私のことを聞く内容のメールや電話が次第に増え、授業中に”今何の授業してる?”など本当に知りたいのかな?と思ってしまうことまで聞いてくるようになりました。
テストなど私にはどうすることもできないことでそこまで変わるのかと、ちょっとめんどくさいなぁと感じ始めていましたがメールがくることは私にとって嬉しいことだったのでしっかりと返事を送るようにしていました。
ですがやっとお互いの予定が合うかなと思っていた週末に、私に友達と会う予定があることを知った彼が「友達とは学校でも会えるんだし今週は俺と会うことのが大事なんじゃないの?」とキレ気味で言ってきました。ですがその約束は彼と付き合う前から決まっていてその友達とは学校も違ったので、私は冷静にそのことを説明しました。
そしたら彼はキレ気味の発言に対して謝るとともに「だって会いたいんだもん」「さみしいんだもん」など今まで聞いたことのない声で甘えてきたので、私は笑ってしまいました。彼は私に笑われて、恥ずかしがっていましたが甘えた口調は変えずに「会いたい」と何度も言ってきたので、週末ではなく金曜日の学校終りに映画でも見に行く?と誘ってみました。彼は平日は会えないものだと思っていたようで最初は驚いていましたが、特に予定がなかったので映画に行くことになりました。

このエピソードにコメントを贈る

ページ
上部へ