彼氏が大好きな人の「のろけ体験シェアサイト」

彼氏が大好きな人の「のろけ体験シェアサイト」│かわいい彼氏が大好き!

彼氏の事が大好きな人の体験談

10 件の投稿がこのテーマに寄せられています。

年下で可愛い彼氏と結婚予定です

彼氏のことが大好きで大好きで仕方ない!

そんな、彼氏のことが大好きな気持ちでいっぱいな体験談をテーマに寄せられた投稿をご紹介しています。

ちょっとした出来事も、二人にとってはとっても大切な出来事だったりします。

ちょっと恥ずかしいようなそんな二人だけの体験談を少しだけシェアしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています
no image
大好きな彼を思い気付けば4年間

彼と出会ったのは私が16歳の時でした。 彼はスポーツ万能でスポーツ誌に載り私は彼に憧れを持っていました。 彼とは同じ県でしたが距離があり会うことは出来ないと思っていました。 しかし、ある日友達のお見舞いに病院へ行くとそこに彼も入院していまし...

no image
年下彼氏が奮闘!ノー家事DAYのプレゼント

私と彼氏は同棲をしているのですが、家事はほとんど私がしています。 というのも、彼は料理も家事もまるでダメ。 力が強い人なので、洗濯物を干しているだけでハンガーをぐにゃっと曲げてしまったり。 私自身は家事が苦手ではないので、必然的に私の方がや...

no image
彼氏のこういうところが好きです。

私の彼氏の好きなところはしっかり私の話を聞いてくれる点です。 よく男性は自分は優しいとか人の話を聞く方だと言う人はいますが、口だけで実際に女性の話を真剣に聞いてくれる人は少ないです。 実際にこれまでそこそこの人数の男性と付き合ってきましたが...

no image
彼氏と将来の話をしたときの思い出

現在付き合っている彼氏とは、もう付き合って2年目になります。 お互い結婚を意識しているのですが、中々そういう話ができず、すこし焦っていました。 無理に結婚しなくてもいいとは思っているのですが、心配性な私は彼が自分達の将来をどこまで考えてくれ...

no image
付き合ってた彼の優しさ。

これは当時付き合っていた彼氏のお話です。 19才の時に出会い付き合い間もない時でした。 わたしは当時介護職についており早番、日勤、遅番、夜勤の4交代制でした。 職業的に色んな持病を持った方がおられました。 寒い時だったように記憶していますが...

no image
誕生日にサプライズしてくれた話

専門学生の時に付き合っていた彼氏は、遠距離恋愛で中々頻繁には会えませんでした。 そんな彼が、私の20歳の誕生日の日に東京へ来てくれて一緒にお祝いをしてくれました。 スカイツリーでお買い物したり、浅草観光を楽しんだりと、それだけで最高の誕生日...

no image
長い付き合いでも変わらず大好きな彼

私が彼と出会ったのは10代の頃でした。 出会って2ヶ月くらいしてから付き合いだしました。 私はそれまで本当に心の底なら好きな人と付き合った事がなくこんなに人を好きになったのは初めてでした。 離れていると不安で心配でどうしようもないのです。 ...

no image
結婚して7年!主人が大好き!

結婚して今年で7年になります。 二人の可愛い子供にも恵まれましたが、いまだに主人のことが大好きです。 いってらっしゃいの見送りの時、ハグとキスは欠かせません。 毎朝お弁当を作っているのですが、冬場はかならずデザートにミカンを1つ入れていまし...

no image
今までで一番好きだった彼氏君

いままで生きてきた中で一番好きになれた彼氏、こんなにも自分と波長があい、一緒にいてここと良かったと思える人は学生時代のただ一人の人でした。 その彼氏君とは友達の友達という些細な理由で知り合いました。 ゲームセンターで知り合った私たちは、ケー...

スポンサーリンク

年下で可愛い彼氏と結婚予定です

20代 自営業さんのエピソード

私と彼は7歳の年の差があります。

おじいちゃんおばあちゃんになればそんなのは気にならなくなるのでしょうが、20代の今はすごく大きな年齢差に感じます。

実際、ジェネレーションギャップとか見た目で悩むこともあります。
でも、それ以上に彼氏がかわいくてかわいくて仕方ないんです。

私の彼氏は、かなり人見知り。
初めて会った時も、なんだかオドオドしていました。

でも、色々とサポートしたり、私には優しくしてくれたんですよね。

私も彼に対して初めて会った時から特別なものを感じていましたし、彼もそうだったらしいです。

いつもは人見知りなので自分から積極的に人と関わろうとはしていないみたいですが、私の時だけは違ったんですよね。

別に最初から恋愛感情があったとかではないのですが、すごく気を許しやすい人だったそうです。

こんな彼氏なのですが、なんと付き合ってお互い同棲をしていく内に、まるで赤ちゃんのように。

私のほっぺをちゅうちゅうと吸ったり、抱きついて離れなかったり。

見た目は細マッチョで結構男らしいんですよ。
ルックスもとっても良いです。
でも、所謂リア充のようなタイプではないんですよね。

下に妹と弟がいるので、思い切り甘えられなかった分今甘えているのかなと思います。

このエピソードにコメントを贈る

結婚して7年!主人が大好き!

30代 主婦さんのエピソード

結婚して今年で7年になります。
二人の可愛い子供にも恵まれましたが、いまだに主人のことが大好きです。

いってらっしゃいの見送りの時、ハグとキスは欠かせません。

毎朝お弁当を作っているのですが、冬場はかならずデザートにミカンを1つ入れていました。

そこに、マジックで絵やメッセージを書くのですがお気に入りはキス口をしているブチュー星人です。

仕事中は、ほとんど連絡を取ることがないのですが、たまに用事があって連絡があるとすごく嬉しくなります。

主人の仕事着の匂いが、とにかく好きです。
洗濯をするまえに、こっそりギュっとしながら顔をうずめることもあります。

寝る前は、手をつなぐか体の一か所をくっつけて眠るのが習慣になっています。

喧嘩しても、こうして体をくっつけるとお互い心が落ち着くのかすぐに仲直りできます。

また、結婚してからは主人の髪の毛を切るのか私の役目になりました。

晴れた日にベランダで、目を閉じて私のなすがままになりながらも、穏やかそうにしている主人の顔を見るのは最高に幸せです。

今は子供たち中心の生活ですが、もう少ししたら夫婦2人でゆっくりとしたデートなども楽しみたいと思っています。

主人と一緒にいられて、心から幸せです。

スポンサーリンク

このエピソードにコメントを贈る

長い付き合いでも変わらず大好きな彼

長い付き合いでも変わらず大好きな彼

30代 高校生さんのエピソード

私が彼と出会ったのは10代の頃でした。

出会って2ヶ月くらいしてから付き合いだしました。
私はそれまで本当に心の底なら好きな人と付き合った事がなくこんなに人を好きになったのは初めてでした。

離れていると不安で心配でどうしようもないのです。

お互いこんなに長く続いた交際は初めてでした。
2~3年たっても好きで好きでどうしようもありませんでした。

彼の良い所は周りには冷たいけど私にだけはすごく優しいところです。

私はすごくワガママですがどんなワガママを言っても聞いてくれますし、かといって怒る時は年に一度ぐらいですがとても怖いです。

彼が本当に怒った時はさすがにワガママは言わず悪かった所を認めます。

青春時代は彼とほとんど過ごしました。
浮気も知っている限り一度もありません。
裏切る様な人ではありません。

だからもし彼が浮気でもして私を裏切ったなら私はどうにかなるんではないかと思います。

そんな彼と13年も付き合って結婚までしました。

13年も付き合っているのに今だに彼は私のことをすごく可愛がってくれます。

長く付き合っているのに周りからは本当に仲が良いねとよく言われる程です。

結婚してからも今まで以上に私のことを大事にしてくれています。

そんな彼の事を今でも世界で一番大好きです。

このエピソードにコメントを贈る

彼氏と将来の話をしたときの思い出

20代 会社員さんのエピソード

現在付き合っている彼氏とは、もう付き合って2年目になります。

お互い結婚を意識しているのですが、中々そういう話ができず、すこし焦っていました。

無理に結婚しなくてもいいとは思っているのですが、心配性な私は彼が自分達の将来をどこまで考えてくれているのか、とても気になっていました。

付き合って2年目のある日、記念日ということで温泉旅行に出かけました。
旅館は彼がすべて手配してくれ、とても嬉しかったです。

旅行はとても楽しいものとなりました。
別段観光などはしなかったのですが、お互い仕事が忙しかったので、きれいで落ち着く旅館でまったりと過ごすことができました。
室内には客室露天風呂がついており、夜ご飯には取れたての魚をふんだんに使った料理に舌鼓を打ちました。

そして夜、お互いにどんな2年間だったか振り返るという、少しまじめな話になりました。

お互いすごく楽しく、ずっと一緒にいたいという気持ちが分かり、とても嬉しかったです。

そのあと、彼が将来について話してくれました。

「すぐには無理だけど、あと1年仕事頑張って必要な資金がたまったら、正式にプロポーズさせてほしい。」と言われ、とても感動しました。

ずっと彼が私との将来を考えてくれたことが2年記念日の温泉旅行で分かり、とても幸せでした。

スポンサーリンク

このエピソードにコメントを贈る

今までで一番好きだった彼氏君

10代 高校生さんのエピソード

いままで生きてきた中で一番好きになれた彼氏、こんなにも自分と波長があい、一緒にいてここと良かったと思える人は学生時代のただ一人の人でした。

その彼氏君とは友達の友達という些細な理由で知り合いました。

ゲームセンターで知り合った私たちは、ケータイの機種が同じだったことが話すきかっけでした。

メールアドレスを好感した私はあれよあれよという間恋人同士に、それからは女凝乳にメールをしたり、休みの日は常に一緒にいるなどラブラブな日を過ごしていました。

外に出かけ、アウトレットで買い物をし、お昼ご飯を食べて近くの見晴らしのいい休憩スポットで私たちはこんな話をしたのです。

「俺達いつまで一緒にいられるんだろうなと、彼氏君が。私はこの場の勢いのまま「じゃあさ、結婚とかする?」と玉砕覚悟で言いました。

結婚は正直ないわ、と断られることを覚悟しての発言でした。

ですが、「しよっか、結婚」と彼氏の口からの一言で、私の人生は変わったのです。

こんな幸福感は今まで味わったことがなく、人に愛され愛することあこんなにも愛おしいと思ったのは、この告白が初めてでした。

今までで一番好きだった彼氏君は、彼氏を卒業し、私の旦那様に変身を果たしたのでした。

このエピソードにコメントを贈る

大好きな彼を思い気付けば4年間

大好きな彼を思い気付けば4年間

20代 高校生さんのエピソード

彼と出会ったのは私が16歳の時でした。
彼はスポーツ万能でスポーツ誌に載り私は彼に憧れを持っていました。
彼とは同じ県でしたが距離があり会うことは出来ないと思っていました。
しかし、ある日友達のお見舞いに病院へ行くとそこに彼も入院していました。
こんな偶然は二度とないと思い思わず声をかけました。
彼は怪我をして入院していたそうです。

その時はもう憧れから恋になっていたと思います。

ここで話すことが出来たのでこのまま終わるのは嫌と思い思いっきてメールアドレスを聞きました。
すると彼には彼女も居ないと言うことでアドレスを教えてくれました。

それから2回ほど彼に会いに病院に行きましたが彼は退院してお互い高校生だったし部活動もしていたし、距離もあったので会うことは出来ませんでした。
しかし毎日メールをしていたので毎日楽しく過ごせました。

それから1年半くらい経ちお互い部活も引退し休みの日にお互い会いに行ききし付き合うことになりましたが半年過ぎたくらいからお互い大学でも部活を始めたためなかなか会えず彼の方から振られました。

私は今まで出会った中で一番好きだったので別れを受け入れることが出来ず、大好きな彼に何度もメールを送りましたが全く返事は返って来ませんでした。

それから1年くらい経ち偶然ある体育館で会いました。

私は彼の事がまだ忘れる事が出来ず目を見る事が出来ずにいましたが、彼の方から声をかけてきてくれました。

それを機に再びメールや電話をする様になり距離を縮める事が出来ました。

でも私は怖くて告白出来ずに居ました。

すると彼の方から告白をしてきてくれましたが、前回振られたのが忘れず、大好きなのに理由を話し時間を貰いました。
3日間くらい考えましたがやっぱり彼のことが大好きで付き合うことに決めました。

その後、2年くらい付き合いました。

ある夜、彼から電話があったためいつも通り電話に出ると「好きな人が出来たから別れてほしい」と言われました。
ついにその日が来たと思ったけど自然と分かっていたのか「分かった」とすぐ返事が出来ました。

それから彼の番号やアドレス、写真全て消去しました。
これで忘れようと思いましたが、やっぱり好きでした。

それからしばらくして知らない番号からの電話に出るとまさかの彼から。
すぐに切りました。

しかし何度もなり続け、メールも届きどうしても伝えたい事があるというので、電話に出ました。

「私以外やっぱり考えられない」との事でした。

もう振り回されたくないし、私は断りましたが、毎日毎日メールに電話。

それが一ヶ月くらい続きそれでも私は彼が大好きで電話に出てしまいました。

すると私の家の近くまで来てると言うのでドキドキしながら行くと彼の気持ちを聞き私は自分馬鹿だと思いましたがもう一度付き合うことに。
それからしばらくして彼からのプロポーズ。

今では一児のパパで幸せに暮らしています。

私にとって最大の4年間でしたが、今では4年間思い続けて良かったと思います。

このエピソードにコメントを贈る

誕生日にサプライズしてくれた話

10代 専門学生さんのエピソード

専門学生の時に付き合っていた彼氏は、遠距離恋愛で中々頻繁には会えませんでした。

そんな彼が、私の20歳の誕生日の日に東京へ来てくれて一緒にお祝いをしてくれました。

スカイツリーでお買い物したり、浅草観光を楽しんだりと、それだけで最高の誕生日プレゼントとなっていましたが、彼は予約していたおしゃれな居酒屋さんで乾杯をしてくれました。

20歳で初めてお酒を飲んだので、こんな素敵なところで大好きな人とお祝いできるなんて幸せと感じて居ました。

次の日もあるため、この日は近くのホテルに泊まることになったのですが、私がトイレから部屋に戻ってくると、なぜか部屋が真っ暗・・・。

どういうことかと思っていたら、後ろからハッピーバースデーの歌を彼氏が歌ってくれ、机の上にはろうそくのついたケーキと、お揃いのネックレス、さらにディズニーランドのチケットがおいてありました。

素敵なプレゼントをこんな形でサプライズしてくれて、本当に感動し少し泣いてしまいました。

ケーキはスカイツリーのお店で予約してたみたいなのですが、全然気づきませんでした。

後から、バレないか、喜んでくれるかソワソワしていたと彼から聞き、とても愛しく感じました。

20歳という節目の年に、最高の誕生日を迎えられたことは、今でも大切な思い出です。

このエピソードにコメントを贈る

付き合ってた彼の優しさ。

付き合ってた彼の優しさ。

10代 会社員さんのエピソード

これは当時付き合っていた彼氏のお話です。

19才の時に出会い付き合い間もない時でした。

わたしは当時介護職についており早番、日勤、遅番、夜勤の4交代制でした。

職業的に色んな持病を持った方がおられました。

寒い時だったように記憶していますが風邪が流行っていました。

その日わたしは看護婦さんと2人夜勤をしていました。

遅番さんが退社しさぁ頑張るぞって時に体に違和感を感じ体温を測ると微熱でした。

違和感を感じるのみで頭痛も咽頭痛もなかったので朝まで夜勤をやり遂げ退社し夜勤明けということもあり仮眠をとっていました。

午後からは当時の彼とランチする予定もありある程度仮眠をとったので準備しようとした時、体がすごく重く高熱が出ていました。

ランチを断念し大人しく寝ていましたが薬飲んでも効かず家族は次の日仕事のため(深夜1時くらいです)病院行きたいとも言えずにいました。

すごくしんどい中何故か彼に電話を掛けていました。

普段なら寝ていますが奇跡的に電話が通じ地元からわたしの地元まで(約50分)来てくれました。

緊急で病院受診し結果は気管支炎でした。

病院がおわったのは朝方の4時頃で母親がいる仕事場に寄って私の具合を伝えていました。

母親はすごく感謝しておりわたしもすごく感謝しました。

その当時の彼とは結婚し今は幸せに暮らしています。

このエピソードにコメントを贈る

彼氏のこういうところが好きです。

30代 自営業さんのエピソード

私の彼氏の好きなところはしっかり私の話を聞いてくれる点です。
よく男性は自分は優しいとか人の話を聞く方だと言う人はいますが、口だけで実際に女性の話を真剣に聞いてくれる人は少ないです。

実際にこれまでそこそこの人数の男性と付き合ってきましたが付き合うまではそれっぽい事を言ってこちらの
気を引く人はいましたがいざ付き合うようになると本性が出るようになって私の話を真剣に受け取らずに
すぐに持論を展開する男性ばかりでした。

ですが、今付き合っている彼氏はそこらへんの男とは違ってしっかりこちらの価値観を考えて話をして
くれます。なので、一緒に話をしていて全然不快になる事がないです。

もちろん、彼氏自身の価値観についてもきっちり話してくれてお互いがどういう考えを持って生きている
のか分かった上で付き合っているのですごく良い関係が続いてます。

また、男性にありがちなすぐに怒り出すような雰囲気もなくて一緒にいてすごく気持ちが落ち着きます。
逆に私の方がわがままを言っていて悪いかなと思ってしまう時があるくらいです。

それぐらい、紳士的ですごく思いやりのある点が好きです。
普通は機嫌が悪いと些細な事で怒り出す男性が多いのですが、今の彼氏はそういう事が一切なく
いつも優しく接してくれるのが本当に好きです。

このエピソードにコメントを贈る

年下彼氏が奮闘!ノー家事DAYのプレゼント

20代 自営業さんのエピソード

私と彼氏は同棲をしているのですが、家事はほとんど私がしています。

というのも、彼は料理も家事もまるでダメ。

力が強い人なので、洗濯物を干しているだけでハンガーをぐにゃっと曲げてしまったり。

私自身は家事が苦手ではないので、必然的に私の方がやることになっていました。でも、心のどこかで共働きなのに私だけ家事をするのは嫌だなぁ…とずっと思っていたんですよね。

そんな時、彼が私にプレゼントしてくれたのがノー家事DAYです。

つまり、私は家事はお休みしていいよ、全部僕がやるから!というもの。

正直、苦手な人が家事をすると二度手間になってしまうことが多いですよね。

同棲当初は彼が少し手伝うこともありましたが、前述の通り力が強いので何かを壊したりするだけではなく、結構適当なんです。

結果、二度手間に。

そのため、ビクビクしていたのですが、なんと家事の本を買ってきたみたいです。
本を片手に一生懸命、ちょっとでも手伝おうとすると、休んでて!と。

私の好きなケーキを買ってきてくれて、お茶まで淹れてくれて。今日はここで見ててね…まるで、小学生みたいだなぁと笑ってしまいました。

でも、一生懸命頑張ってくれて、微笑ましかったです。そんなところが大好きですね。

このエピソードにコメントを贈る

ページ
上部へ